ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

わんわん

いい日の記録。

一昨日仕事が休みだったので、日差しが弱くなってきた夕方頃ハヤテと近くのホームセンターにおやつのせんべいを買いに出かけた。
どうもこの日はハヤテ、やたらビビリで、道行く人たちに吠える吠える。
なんだかお店に行くまでだけでくったり。

お店の入り口にハヤテをつないで待たせた。戻ってきて伏せをさせていたら、同じ歳くらいのきれいなお姉さんがやってきて、うちにもダックスがいるんだけどこの子はとても優しそうないい顔しているのねと褒められました。わぁい♪(´ε` )

さらにその後の帰り道、家の近所でワンコ好きのおばさんにあったので挨拶をしたらハヤテがわんわんと吠えまくり、うわぁと思ったけど、おばさん、一生懸命話しかけてくれて顔をなめさせたりしてくれてとても嬉しかった。
自分も犬を飼っているからよくわかるがいくら室内犬でも誰かのイヌに自分の顔をなめさせるのにはだいぶ勇気がいるものだ。普通出来ない。
しかもワンワン吠えられている間、根気強く手の匂いをかがせたり顔を見て話しかけたりしてくれる人はそう滅多にいない。
本当にうれしかったなぁ。

そうそうそういえばそのおばあちゃんに会う前に道端でシーズーを連れたおじさんにあった。そのおじさんもハヤテが吠えるのに全然たじろがず、おやつのチーズをくれた。突然チーズをハヤテにあげたものだから私はちょっとびっくりしたけど。

人の犬に餌をあげる行為云々は別としてそのおおらかな態度になんだか少し嬉しいようなほっとしたような気持ちがした。

なんだかすごくいい日だったなー。
犬を飼っていなければこんな日はないもんね。

関連記事

Comment

Add your comment

Latest