ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

福島 安達太良山 五色沼③

安達太良山登る日、空は曇っていて、なんだか不安な感じ・・・

でも、ま、仕方ないか、の精神で、ご飯を食べ、ペンションを出ます。
朝ごはん、おいしかった~~
会津地方で採れたお米がむちゃくちゃ、おいしかったです。
さすが米どころ~。粒だっている。

ペンションの周りを少し散歩して、ひまわり畑などを眺めながらさて出発。
湿度の高い、曇りの天気。
その中を磐梯山の東を通って北上します。

標識の少ない山道を通り抜けていって、右に行ったり左に行ったりして、駐車場に到着。
ここは自衛隊の訓練場にもなっているようで、モスグリーンの幌のかぶせられた屈強な軍ジープが留まっていました。
駐車場の横には温泉もあるし、お土産場もトイレも食堂もあります。そろいすぎていてちょっと、ヘンな感じ・・

ロープウェイに乗って、山の中腹を目指します。
降りると、曇っていて、展望台までがっかりしながら歩きます。

台というか、展望のある広場に出ると、目指す安達太良山の山頂が見えました~!
IMG_0623.jpg
そう、駐車場からは見えないのです。
なだらかな山容が山頂を隠しているんですね(^^)
左の出っ張りが乳首(ちちくび)、いわゆる安達太良山の山頂で、右の大きなでっぱりが鉄山山頂。
真ん中のぽっこりは、沼の平のあたり。
「ガスの向こうに別世界がありますよ~」
と言われている気がして、飛んで走っていきたい気持ちをかろうじて抑えて、
のんびり登山をはじめました。

自分から、行きたいと望んで、調べて、運転して、今ここにいるっていうことが
想像していたよりずっと確かな現実感を伴っていたなぁと、振り返って感じます。

と、高尚なことは今考え付いたので、
この山にいたときはただ楽しんでました~♪

登るにつれどんどんと晴れてきて、晴れ女テトの本領発揮!
ニュージーランドでも移動ばかりの旅行だったのに
晴れエリアを自分とともに移動させたという神がかり的晴れ女はまだ健在です(笑)
ここぞと言うとき晴れてくれてありがとう私!いや、神様!


黒と紺と灰色の地味なひと
IMG_0693.jpg
疑似高山帯?だったかな。
森林限界的なものの上にはじめて行くことが出来ました。
空の青さが引き立つのはこの山の稜線のカーブのせいなんじゃないかなぁと思いながら登り、
山頂の岩の塊が目の前にせまってきました。

溶岩のかたまりのような、ゴロゴロもこっとした岩を登っていきます。
三点支持!
IMG_0734.jpg
あぶなっかしい・・練習が必要ですね。


てっぺんからは、ぐるっと福島の世界がみえました。

左が沼の平、正面の台地上の隆起が鉄山。
ここから鉄山の山頂標識が見える。
IMG_0805.jpg

とんぼが、無数に飛んでいて、もう秋の気配が満ちています。
山はいつでも先を歩いているんだなぁ。

むちゃくちゃな強い日差しの中、みそまんじゅうと月六さんのコーヒー(ホット!!)をすすりながら、
遠くにできた大きな積乱雲を見たりして過ごしました。

ハヤテも、初めての東北、初めての福島、初めての安達太良山です。
目を細めながら高い空の空気をクンクン。
背負われたまま一度も外に出さなかったけど(暑すぎる)まんぞくそうにぼーっとしておりました。

IMG_0800.jpg

そのまま、沼の平の方まで歩いて行って、リミットが迫ってきたのでUターンしてもと来た道をもどりました。
東北地方の山は、やっぱり私にとっては魅力深い場所で、また行きたいな。


山頂で、福島のことばで楽しそうに孫としゃべっているおじいちゃんを見て
私の中の細胞的なものが総勢奮い立って
【帰ってきた!!!!】
と嬉しそうに心の中で叫んでいました。
本人がどう思っているかにかかわらず、ルーツっていうのは強烈です(笑)


話がそれまくりましたが
そんなわけの、2016年なつやすみでした。

ご清聴ありがとうございました(*´ω`)┛
関連記事

Comment

Add your comment

Latest