ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

西丹沢 畦ヶ丸

丹沢山塊の西エリア・西丹沢はあこがれの聖地(おおげさ)でした。
山屋さんには笑われそうだけど深山のイメージなんだよねぇ。


西というか裏と言うか・・・
最寄りの駅、JR御殿場線の谷峨駅から直線にして12キロ
千数百円を掛けてバスで1時間
横浜からは片道2千円強というビックリなお値段。
丹沢湖を通り幾つもの山を脇目にどんどん入って云った最奥、西丹沢自然教室


今回は
西丹沢自然教室~本棚~畦ヶ丸山頂~大滝峠上~一軒家避難小屋~大滝橋
反時計回りのルートです。
バスで乗り合わせた何人かが大滝橋で下車したので、
菰釣山や加入道山へ向かった人もいたのだろうな。いいなぁ。


教室を抜けてからの最初の渡渉の連続がとても新鮮でした。
白い大きな石が延々と続いていて、そこをジグザグ渡っていくのが
緊張するけど楽しくて^^

一度道を間違えて、後続の女性とキョロキョロして正しい道に戻ったけれど
そういうことがあると、余計にちゃんとルートを見て歩かなくちゃと思いますね。
沢沿いルートは難しいな。

踏み跡というけれど、踏み跡のレベルは表丹沢とはやっぱり違っていて、やや薄いなぁと感じた。
そういうところ含めて、勉強になったのだった。

本棚の滝はうすくて、水量がすくなく、さみしげ。
本棚を過ぎて西側の尾根にとりつく所が一瞬わからず、ドキドキした。
なにしろ人口密度が低いのだから、道を間違えたりしたら誰かと出会う可能性は皆無になる。
”そうなん”の四文字が頭をかすめる。
むりはいけない、楽観もいけない、着実に現在地を把握しながらのぼるのだ
と言い聞かせながらあるきました^^

なにしろ、最初抜かれた女性二人以外まったく誰とも会わず
何の人工的な音もしない世界は魅力的過ぎて、こわすぎる~(笑)

善六のタワにつくまでが長くかんじたなぁ。
タワからもまた長くって~
長い登りはしごのところで初老のご夫婦に遭遇。
びっくりするほど人恋しくなっている自分に気が付いた!

山頂には何人も人がいて、楽しそうにお弁当をつかっていた。えー!
いったい彼らはどこから降ってわいたのか。
道志みちの方からかなぁ。10人はいた。たぶん、もっといた。
なんて心強い。
と言うかこれでは普通にいっぱい人がいるではないか。
そっかぁ、峠や四方に延びる分岐がある山の山頂などでは人が集まるのだな!
合点。さっきの不安を返せ~~
と、
ほっとして、私もお弁当をもぐもぐ。

避難小屋をこっそり見学して、トイレの恐ろしい状態に息をのんで(笑)
のんびりとドウダンツツジを冷やかしながら下山をはじめました。

ぐんぐんくだるとステタロー沢ぞいにまたも最初とは違う雰囲気の渡渉の嵐。
迷わぬ様、道を外れぬよう、慎重にくだっていく。

途中で息をのむほどの美しいミツマタの大群落に遭遇~
もう終わりかけていたけれど、うつくしかったなーー



このあたりは屏風岩山への尾根道を挟んで東西にたくさんの沢があるんだなぁと思う。
大滝峠上から西へくだる廃道があったようだけど、ステタロー沢の崩壊っぷりをみると
廃道になったのもうなづける。
きっと崩れやすいエリアなんだろう。

不老山の林道の崩壊っぷりもこわかったけど
丹沢は浸食と崩壊がすすんでるって、ほんとなんだなぁと
ちょっと悲しい。


なんか、隠れやみたいな素敵な避難小屋「一軒家避難小屋」をすぎると高い場所を沢沿いに歩くようになる。
冬は滑落がしんぱいな感じがする。
雪の季節ここにくるフォロワさんはホント健脚だな・・・とおもう。

たのしみながら、下りてきて、バス停でバスを待っていた。
後ろでは眼下にキャンプ場があって
ワンゲルっぽい男子達がおそろいのザックを背負って楽しげに(ダルげに)テントを張っている。
いかにも体力がありそうだ。


なんていいところだビバ丹沢・・・泣ける。

と思っていたら、後から来たご夫婦(おそらく善六のタワですれ違った)がいらっしゃって
山の話になった。
旦那さんが昔かなり山をやっていたようで、畦ヶ丸も何回も来たことがあるそうだ。
長年のブランクを経てリタイア後はじめられたようで
【ひさしぶりに畦ヶ丸にきたけど
整備されちゃったなぁ~!】
と、笑っておられた。

昔はもっとワイルドで山深い感じだったんだよ~
サルもいっぱいいたし~

とのこと。
その方に
【あなたかなり山やってるでしょう?】と歩き方を褒めて頂いてたいへん嬉しかった。
るるん。

帰りは、エキスパートの運転手さんの操るバスに揺られて都会へもどった。
そんなわけで私の最初の西丹沢への山行きはぶじに幕を下ろしましたのでした。


追記:さっきこの下にいろいろ書いちゃったけど
まいっか~と思っちゃったので消去しちゃいました(^_^;)
あれ?っと思った方すみません~
関連記事

Comment

teto  

Re: タイトルなし

奥多摩遠いよね~(^_^;)
私には高尾山より奥はぜんぶ遠い・・・(-_-;)
でも、行ってしまえばなんてことないのかもしれないけど^^
こういう時つくづく横浜線だったらなーなんて
考えてしまうよ(笑)

登山口からじゃなくって
家から登山口までのルートも楽しめるようになりたいな~♪

2016/05/20 (Fri) 10:12 | EDIT | REPLY |  

きりしま  

そんなにスキルはいらないと思うよ(*‘ω‘ *)
帰りに温泉いけるしね

奥多摩遠いよね^^;
八高線と青梅線使って結構なお時間
青梅丘陵たか行きたいところはもりだくさんなんだけどね

2016/05/18 (Wed) 14:58 | EDIT | REPLY |  

teto  

Re: タイトルなし

畦ヶ丸からおりるとき、沢沿いの路はちょっとあれれ?って思ったりもしたそういえば~^^;
前に人がいたから、どことなく安心感あったんだけどね。

車で行きたかったんだけど帰り居眠りしちゃいそうだからやめておいたよ~(笑)
まだまだスキルが足りましぇん(^_^;)

多摩の方にも目は向いてるんだけどなんかね~相鉄線だから電車だと行きにくいんだよね(爆)

2016/05/17 (Tue) 22:57 | EDIT | REPLY |  

きりしま  

西丹沢デビューやったね
西丹教〜畦が丸よりもそこから先のほうが不明瞭な箇所多い気がしたけど平気だったかな?

あの辺は人工物の音が全くしないから最高だよね
せっかくだから車で行けばよかったのにな

2016/05/17 (Tue) 16:47 | EDIT | REPLY |  

teto  

Re: No title

こんにちは~^^
きっと、おそるおそる歩いていたのが良かったのか?な??
いま歩き方を研究してるので褒められて嬉しかったです♪やった!

西丹~蛭は憧れのコースです~
あと、大室山~山中湖の尾根歩きもやってみたいです。
ほんと~地図見ていると想像が尽きませんね!

2016/05/17 (Tue) 09:31 | EDIT | REPLY |  

としのやま  

No title

ベテランさんに歩き方褒められたなんて!すごいなぁ(^_^)

西丹からのヒルか丹か尊での一泊で大倉下山(鍋寄ってもよし)が一つ達成したいコースざんすw泊場所は西丹で色々行くならヒルだし西丹、ヒノキ〜ヒルなら泊は塔でもいいかもだし。。。妄想中(^_^)

丹沢は面白いですね色々妄想できてね(≧∇≦)

2016/05/16 (Mon) 14:12 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest