ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

ニューハウス

こんにちは、おれ犬です
いま満腹です
今日は新しい家を紹介するじぇ。屋根付き一戸建て床暖付き(冬季のみ)よ
おれの働きが認められて家を建ててくれたってわけよ
よく姉ちゃんがつぶつぶ(餌)を撒いてくれるからここにいるといい事があるのよ



先週届いたハヤテの新しいハウス(サークル)。
念願のクレートを入れて留守時にはトイレシートも敷けるフリースペースが完成しました。
クレートだけではどうしても落ち着かない様子だったのが分かっていたのでずっと欲しかったけれど家のレイアウト的に難しくリビングを大きく模様替えしてなんとか叶える事ができた。
台所からよく見え、PCデスクのすぐ裏で、私の使う小さなテーブルからも見える場所で日もよく当たる。窓の近くなのでそちらが見えないようクレートには布をかぶせ、冷気が強い日はカーテンも閉めれば大丈夫と判断。
自分と合わせて体を冷やしすぎないよう、温めすぎないよう、風の対流を促す空調は付けず毛布や電気ストーブでじんわり部屋を温める。

2,3日落ち着かない様子だったが徐々に慣れ、今では寒いせいもあってかおとなしく寝ていられるようになってきた。
出たいときはじっと出入り口の毛布の上に座っている。
飼い主の感覚だけども、(恐らく自分の縄張りだと考えていたはずの)家の中じゅうをチェックしている様子も無くなってきた。このハウスを自分の縄張りと認識しだしたのかもしれない。そうすれば今後の躾も入りやすくなるだろう。
家族もものすごく協力をしてくれていて、お休みの日や平日の帰宅後など気にかけてくれている。私以外の人間が私と同じようにハヤテに接してくれる事には大きな意味がある。
かすかに少しずつだけれど、努力の成果が出始めているのかも。焦らず一歩ずつ進もう。


土日は楽しい甥っ子の訪問がキャンセルになり、勇んでいた我ら夫婦は出鼻をくじかれ、ションボリ。
懸案の耳鼻科や髪切りなど身の回りの事をして過ごす。
でもね、まだまだラブな甥っ子はいっぱいいて 笑 来月はほかの甥っ子姪っ子、きっとその月か次の月はこれまた他の甥っ子くんと会えそうで甥っ子姪っ子祭りの春が始まるよー。



これはタイ風ガパオライス。
作ってくれた。激うまである。

美味しいご飯を食べられることがどれほど有難いことか身に沁みる。いろいろ遠回りした事がこうして今を作ってる実感を得られた数日であった。


これは木曜日のぺぺさん。
ご近所のわんこ達が大挙して河原(右手)に押し寄せてきたため尻尾をピンと立て警戒モードに入った。

ハヤテは相変わらず威嚇ぼえするが、鼻と鼻をつけたり(一瞬)するようになった。これも小さいが大きな進歩。
ぺぺさん、うるさくて申し訳ないがもうしばらく頼むよ。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest