ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

I Rescued A Human Today.

いつものように空き時間で犬の勉強をしていたら、ある人の詩を紹介しているエッセイを見つけた。
何だかよかったなぁと思ったので、リンクを張り、転載してみます。
→助けられたのは誰? ガニング亜紀さん(from Dog acutually)


I RESCUED A HUMAN TODAY  by Janine Allen

Her eyes met mine as she walked down the corridor peering apprehensively into the kennels. I felt her need instantly and knew I had to help her.
I wagged my tail, not too exuberantly, so she wouldn’t be afraid. As she stopped at my kennel I blocked her view from a little accident I had in the back of my cage. I didn’t want her to know that I hadn’t been walked today. Sometimes the overworked shelter keepers get too busy and I didn’t want her to think poorly of them.
As she read my kennel card I hoped that she wouldn’t feel sad about my past. I only have the future to look forward to and want to make a difference in someone’s life.
She got down on her knees and made little kissy sounds at me. I shoved my shoulder and side of my head up against the bars to comfort her. Gentle fingertips caressed my neck; she was desperate for companionship. A tear fell down her cheek and I raised my paw to assure her that all would be well.
Soon my kennel door opened and her smile was so bright that I instantly jumped into her arms.
I would promise to keep her safe.
I would promise to always be by her side.
I would promise to do everything I could to see that radiant smile and sparkle in her eyes.
I was so fortunate that she came down my corridor. So many more are out there who haven’t walked the corridors. So many more to be saved. At least I could save one.
I rescued a human today.


オリジナルはこちら
→【Rescue me dog】というドッグシェルターより



ガニングさんの邦訳はこちら


今日、人間を救った     By Jenine Allen 訳:ガニング亜紀

犬舎の中をおそるおそる覗き込みながら廊下をやって来るその人と私の目が合った。
彼女がなにか途方にくれていることはすぐにわかったし
彼女を助けてあげなくてはいけないこともわかっていた。
私は激しくなりすぎないよう注意深く尻尾を振った。その人を怖がらせないように。
彼女が犬舎の前で立ち止まった時、私は前に出てケージの後ろのちょっとした粗相が見えないように遮った。
今日は散歩に出ていないことを彼女に知られたくなかったから。
シェルターで働く人達は忙し過ぎて、たまにはそういう日もあるのだ。
そのことでシェルターの人達が悪く思われてしまうことは望まない。
犬舎に付けられたカードを読んだ彼女が私の過去を哀れに思わないでくれるといいなと思う。
私はやってくる未来を楽しみに生きていて、誰かの役に立ちたいだけなのだから。
その人はひざまずき、私に向かって小さなキッスの音を投げた。
私は彼女を慰めるために犬舎のバーの隙間に肩をねじ込み、顔の片側を押し付けた。
優しい指先が私の首を撫でた。彼女はぬくもりを渇望していた。
涙が彼女の頬に落ち、「大丈夫。全部うまく行く。」と伝えるために私は前足をあげた。
ほどなく犬舎の扉が開けられて私は彼女の腕に飛び込んだ。
彼女の微笑みは輝いていた。
私はいつの時も彼女を守ることを約束する。
私はいつの時も彼女のそばにいることを約束する。
私はいつの時も彼女の微笑みと瞳の輝きを見るために全力を尽くすことを約束する。
彼女が私に向かって廊下をやって来たことは素晴らしい幸運だった。
この世界にはまだあの廊下を歩いたことのない人がたくさんいる。
そして助けが必要な人達がたくさんいる。
少なくとも私はそのうちの一人を救うことができた。
私は今日ひとりの人間を救った。


関連記事

Comment

Add your comment

Latest