ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

丹沢・大野山

新年一発目のお山をどうしようか悩んでいたけど、結局低くて登りやすいこの山へ。
丹沢西側にある大野山。標高700mちょっと。
大野山からの丹沢の雄大なパノラマ。凄い、こんな景色は初めて。


蛭ヶ岳や檜洞丸、大山もなんもかんもみえてる感じ。飛び上がりたいほど喜んだ。
ここには載せないけどプチヤマネチをやってみたよ。夫は呆れていたが構うもんか。
おんなじ日にtwitterでお知り合いになったフォロワーさんたち(ずっともっと登山歴の多い方々)が塔ノ岳や大山なんかに登っていたので、何だかとても嬉しかった。あの山の上にいるのかぁ、という感慨みたいなもの。


そして相模湾と神奈川西部のまちなみ。
ため息が出ちゃうよ。
edit_2015-01-12_18-06-50-963.jpg
大野山は頂上が牧場になってて眺めがいい。冬以外?は牛がいるようだ。この時期は牛も居なくてとても静か。頂上まで車で来られるので軽装の人も多くて気楽なお山。
今回は犬リュックを背負い、もう一人は食料と二人分の荷物を背負ってせっせと登る。
10時過ぎだったからか凍結箇所もなくとても歩きやすかった。ただ落ち葉が多くて時折躓きそうになるし、痩せ尾根は足を踏み外しそうにもなる。注意は怠れない。
久々の夫婦山登りだったからちょこちょこ足運びなんかをレクチャーして貰う。やっぱり若いころボッカ練習をしてた人は違うわい。久しぶりの山でも全然平気そう。私もそうなりたいもんだ。


のんびり登って往路2時間、復路1時間半。
登山靴と荷物を重く感じたけど、膝は痛くならなかったので良かった。
今回は約10キロ位背負った。やはり重い。借りたカリマーのリッジ40は背負い心地が余り良くない事が分かった。圧が分散されにくい気がするし、身体とザックの間に隙間があいてしまう。元々自分のものじゃないから仕方ないんだけれどこれは合わないようだ。小さめザックのドイターのフィット抜群さを思い知ることとなった。


そんなことより!
富士山どどーん!!
DSC_1525.jpg
かさかむってたけれどね。
日本人に生まれてよかったー!と叫びたくなる。
そのうち、眺望のいい杓子山や石割山、三国、明神岳にも登るぞ。箱根の山にも挑戦してみたい。金時山もいいし、でもそれより早く塔ノ岳に登りたい。帰りの車の中では既にもう登りたくなっている。
次どこにのぼろかな。わくわく。

もちろんハヤテも一緒でしたー✨

結構大人しくしてた。
頂上ではモグラ?の穴を見つけて?大興奮。さすがアナグマ捕りのわんこは違うわい。

ハヤテに振り回される夫の図。
そういえばハヤテ、六甲山、ヤビツ峠に続き大野山にも登ったことに。わーお。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest