ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訓練開始

雨予報ですが、今の処良く晴れてます^^
ハヤテは朝寝

いつも朝弱くてふらふらの私ですが今朝は誰かに呼ばれたかのようにパッチリ目が覚めました。
そんな訳で眠いのに寝ざめが良く気分も上々…とまでは行かないまでも、元気。

ハヤテは毎晩の湯たんぽ保温が功を奏しているのか身体が冷えすぎることも無く、朝発症し易いと言うぎっくり腰や関節腰回り系の問題を起こす事も無く元気に過ごしています。
湯たんぽはガスで温めなおす手間や長くて6~7時間しか温かくないため面倒が付き物ですが、経験上電熱モノのペットヒーター等より身体を芯から温めると感じるので安全面(コードかじりなど)も考慮して我が家は湯たんぽです。
最初は入れ物の中でタプンタプンとお湯の波打つ音を怖がっていましたが、温かさを知った為か最近はそれほど怖がらずそっと身体の一部を付けて暖を取るようになりましたよ。


ずっと漠然としかやっていなかったのだけど、ようやく覚悟も決まり
最近、本格的な留守番訓練を始めました。
twitterやネットで有効な方法を探したりしていますが、皆さん言う事は大筋同じ
【犬の要求は無視・人間主体で】 です。

ハヤテの要求(遊んで、構ってご飯ちょうだい)には基本的に一度コマンドを与えてから要求をのむようにしました。
生理的欲求を抑制することはしませんが、一度ワンクッション与える事で【何か命令を聞く→要求をのんでもらえる】という学習付けが出来るようになればいいのですが。

それと同時にクレート留守番訓練。
クレート内を常に一番の快適空間に保ち、入ってじっとしているといい事あるよ付けです。
通常これは結構根付いてはいるし一番安全な場所だと認識してるのですが、留守番になるとからきしダメなのでそこが課題です。


ハヤテの反応を良く見ながらハヤテにあった訓練方法を模索していきます。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。