ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

微妙に調子悪いのをムシしつつ、不調な家族を(イヌ&ひと)寝かしつけて森へ行ってきた。
安静にするのもたいせつだけど、気分転換はもっとたいせつだ


急いで作った握り飯 → 麦飯はおにぎりに向かない(分解する)
香りの付いた緑茶

紅葉はしてなかったずら。

何度か通って

当たり前だけどひとつの森の塊でも場所で雰囲気変わる。
これはスギ、ヒノキが多いエリア(らしい)
ヒノキって日本と台湾にしか無いそうで・・
ヒノキや杉がある場所ってふかふかで歩きやすいですよね。好き。
木々の生態や名前については全然わからない。今後要勉強だ。

風通しの良い南側エリアに来ると

竹の混じるエリアが。

ほかにも

沢が、流れていたり

池に鳥がいたり

、、と
こんな具合で。

谷戸、とは小高い丘(山)に囲まれた浅い谷のこと
ここは昭和の中ごろ、水田だったようだ。

湿度がすごいが清涼な水

木々と空のコントラストはなんていいますか

抒情的っていうの?
しめっぽいかんじ。

それにしても人がいないってなんて素晴らしいんだ。今この瞬間70haの敷地内に大体10人だって考えたときに腹の底から湧いてくる純度の高い気持ち。いいわぁ。
家に帰ってくるとほっとするのもまた、純度の高い気持ち。どっちも本物だな。

谷戸へ降りたジットリしたエリアで蛇のしっぽを踏みそうになった
日本マムシが出るとかいうこの森(出たって聞かないらしいが) うそ、マムシ?何? と良く見たら小さな頭の白いながーい蛇のあかちゃんぽいのだった
ゆうに1mはあるがほそく、うなぎの腹のように青白く模様はない
わたしに驚き藪に逃げ込みじっとしている様子
赤ちゃんなのかなんなのかわからないが、ヘビはヘビ、内心丁重にお詫びをしそっと離れる
踏みそうになったんは初めてだったから驚いた
調べても何の種類か結局わからず

翌日泥だらけの靴をあらう

つま先部に小傷が発生してた
味が出てきたなーちょっとしたキズ位なら全然安心な厚革のブーティエル、お世話になります。

わんころも干されているよ

よーいよい

そして
風邪悪化
アホなのか・・・
関連記事

Comment

管理人テト  

おおー

きりしまさんこんにちは!
ご覧いただいてありがとうございます。
横浜市なんですけど、市内には北と南に大き目の森があってその両方の写真です^^

高い山も素敵ですが、日帰りでいける低山や森の散歩は楽しくて好きです♪

2014/11/19 (Wed) 15:15 | EDIT | REPLY |  

きりしま  

なんと!

こんにちは♪
お近くにこんなところあるんですね
後編?も拝見しましたけど
不思議なオブジェとかもあるし
いいですね〜

2014/11/19 (Wed) 11:09 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest