ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

オリーブオイルこもごも

お肌が市販品ではダメになり「わーん!」と泣きながら調べまわった挙句たどりついた結論、全部自分で作る。
石鹸を作りはじめて数年、材料とするオリーブオイルの品質についてちょっと気になっている。
想像はしていたが品質に偽装やバラツキがあるようだ。
オリーブオイルソムリエ協会なるものが日本にはあってそこがお墨付きを与えているものは信頼できるらしいが、安くない。
しっかりしたレストランで出すようなおいしいオイルで石鹸を作っていたら破産してしまう。というかもったいない。
ざっとだけど、今作っている石鹸は原価1つ100円しない。たとえスーパーで500ml1000円するようなエキストラなオリーブオイルを使ってもたぶん100円するかしないか。500ml2500円するような超絶高級オリーブオイル(普通スーパーにはない)を使っても1つ500円までいかない・・・
なんて安上がりな趣味なんだ。


石鹸作りにおいては繊細な最高グレードのエキストラバージンよりランクを落としたピュアオリーブのほうがよいとされているが、グレードにはほかにピュアオリーブより落としたポマスオリーブオイルもある。いくらでも偽装出来そう・・
通りでオイルのブランドが変わると出来上がりとかも変わるわけだ、なっとく。
化学溶剤を使って抽出したようなオイルを石鹸に使ったら成分がほぼオリーブオイルなだけに影響が怖い。
まあそれでも市販品のお高い石鹸より十二分に安全な気がしますけど・・・
(各メーカーが石鹸ごときに食用グレードのオイルを使っているとは到底思えず)


と、いうわけで色々調べた結果、国内メーカーが輸入・管理しているブランドのものを使う事にした。
前に使った事があるブランドだ。遮光ビン(PETだけど)だし。
おととい作ったのはオリーブ石鹸だが、マルセイユを作るためのパーム油とココナツ油が大量に(ほんと大量に)あるので作らねば…

でもこう考えるとこのパーム油とココナツ油の仔細な出所は不明なのであって、どこまで行っても化学物質をシャットアウトするのは不可能なんだなぁ。さすがにすべてを有機栽培の手搾りで、とかやるわけにもいかぬし・・・
たとえ目ん玉飛び出るほどのグレードの石鹸(オーガニック認定食用手搾り一番搾りオイル)作ったとしても1つ1000円しないだろうから、そこらへんで売ってる高級石鹸の利益率はいかほどかと思いつつ・・・

何だか無駄口たたいている日記になってしまーた。
すんまそーん。
でも石鹸大好き。必死に作っても泡立って無くなるところがいい。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest