ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

方法変更

飼い主帰宅後↓

誉められてご満悦?のハヤテくん。
珍しくほねっこ自分で出してきて遊んでます♪

昨日から留守の方法を変更することに。
クレートは開け放ち、玄関にはいけないようにするが手前に柵を立て、トイレ寝室などは入れないようドアを閉めた状態。出かける前にトイレは済まさせます。

これで1時間半ほど出かけて帰ってくると・・・

今まで悪さ(いたるところにウンチ)とかのいたずらの跡が無く、クレートに入っていた様子?
過去にフリーで留守番させた数回と違い玄関前でおろおろしていたのがそうではなさそうであることが判明。
3回実行しましたが、1回だけ30分以内に戻った時柵の前でうろうろしていた以外はリビングのクレートかほかの場所にいた様子で、以前解放して留守番させた時とは全く違う感じがした。
いたずらはしていたかもしれないけど吠えてはいなかったため、ものっすごい調子で褒めまくりおやつをあげまくりました。どうも、それがとても嬉しそうなのです。

非常に落ち着いた様子ですぐのんびりし始めます。”褒められる理由”が少しわかったのかも・・
結果【失敗】するかもしれないけど、あと数回同じことをやってみて様子見してみる予定。

問題は、留守中のトイレなのですが。
失敗はしていてもいずれもトイレにする意思があることが分かったため、微調整すれば粗相しなくなるかも。
期待大です。


10歳近くともなると、いっぱしのオトナ犬。プライドも自我も意見もあるのでしょう。
出来るだけそれを認めてあげたい気持ちがあるのだった。
残念ながらもう人生の折り返し地点は過ぎてしまったハヤテ。これからの犬生、彼なりに楽しく過ごしてほしいものです。
・・とはいえ、私だってハヤテだっていつこの世を旅立つか分からないので、私が折り返し地点をいつ迎えるか(あるいは迎えているか)は分からないのだが。


幼いころの命に無頓着だった己を反省する今日この頃。
本当の意味で。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest