ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

6/10

午前、体調悪いため、臥せ寝。
昼過ぎ、車の練習のため山向こうの生協へ行く。凄いタイミングで翌日から大規模改装のため売りつくし、とある。
しかし安くない・・・
セロリ95円と大根の半端なのと、油揚げを買う。袋を貰えなかったので仕方なくリュックにセロリと大根を挿して帰る。セロリの丈が長すぎて凄い出てる・・・横から見ると頭からセロリが生えているように見える(はず)。愉快になり嬉しくなる。
そしてさようなら生協。高いので多分もう来ないだろう。
駐車場は屋上にあり券売機のないタイプ。一発で車庫入れ出来ご満悦。車庫入れ成功の秘訣には集中力を伴う事が分かってきた。

その後いつもの道を通り帰宅。蒸し暑くて疲れた。
夜はお稲荷さんとセロリと鶏肉と玉ねぎのスープと白菜とみず菜とシーチキンのゆず胡椒サラダを作るところで燃え尽きる。玄米の酢飯はアカンことが判明・・分かってはいたが、いかんありゃ。
昨晩作った豆乳のパンナコッタは大成功と思われる、嬉しい。

週末の予定が決まり、10月の夫の親せきとの家族旅行のお宿もほぼ決まった。相談後、お義兄さんが予約して下さったそうだ。ありがとうございます
色々決まるとスッキリ落ち着くものだな。コテージらしい、楽しみ♡

テキスト進まず。P2Pがビッグヒット過ぎるため、しゃかりきになって読んでいる。有閑マダム・・・
カナダのバンフを通り過ぎた所。バンフ、懐かしい。また行きたい。
カナダ先住民族の製作物、トーテムポールについての私見が述べられていた。同感。どうも博物館に飾られている先住民族の遺物について感じていた違和感への理解者がいて大いに納得、そうだよねぇ。
広い公園にぶっさされていたトーテムポール(風雪にやられてボロッとしてる)に輝きを感じ一緒に写真を撮った16歳の私は間違えていなかったかもしれない。そういえばあの写真何処行ったっけ。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest