ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

悲壮感ゼロ

石川さんは、登頂への準備が整うまで一度撤退、ベースキャンプで待っているようだ。
登頂報告はいつになるのか、楽しみ。
イッちゃってるスイス人冒険家二人組の面白話を書いていた。シェルパがロープを張りきっていないのにむりくり山頂まで行ってしかもその日中に戻ってきたとか。その様子の描写が面白すぎた。やっぱりどこまでも石川さんは石川さんなのだな。スイス人の事を悲壮感ゼロと書いていらっしゃったが、石川さんもそうである。
写真家だからか、文筆家でもあるからか、石川さんの世界との距離感は非常に理想的だ。のめりこむ事はない(そう見せている)感じだ。それがクールに見えるゆえんかも。そういう著名人は得てしてお鼻が高くなりそうなものだが彼はそういったことをおくびにも出さない。隠し方がうまいのか、という気もしない。そして批判もしない(いわゆる批判)、事実を記し比較はするが安易な結論付けはしない。だからといってスカシて読者が決めればー?みたいな投げたりもしない。
非常にベストバランスな感じ。

今日は家から数キロ離れた県道沿いのホームセンター件スーパーへ。やや大きく、駐車場が何百台分もあるところだ。
うっかりその、ぐるぐるのぼる駐車場に入り込んだからさぁ、ドキドキである。
この日は全部右折で行って帰るというルートを考えたため、ただでさえ難易度が高いと思って冷や汗かいてるのにうっかり薄暗い駐車場(初心者には・・・怖いのだよ)に入る事になっちまったのだ。
ゆっくり急いできちんと登っていき、あいている所に止める。わざと柱の隣に止めて障害物をよける練習。
うまくいった。少し後にきたおばさまは前後左右ガラ空きだったのに5回くらい切り返してもまだ入れられなかったから、一発で入れた私はその人よりは上手いってことにしていいと思う。

犬の散歩ヒモなど物色して、色々みて、吟味して幾つか購入しスーパーでビールと、食料品を少し買う。値段設定が高いが種類の多さは家の隣のスーパーとは段違いだ。やはり大きいお店はたくさんあって気持ちが上がる、いいなぁ。
犬のことを考え、そろそろ帰るか・・と駐車場から狭い道を通るルートを選択し、行きと違う道のりで帰る。
ぐるぐる下って行くのは、意外とスピードが出ちゃうし、後ろも早く走ってくるから結構危険。坂道ではブレーキがなかなか効かないのだ。この辺りは坂が多すぎるのでブレーキの練習になってよい。坂の頂上の先がまるで見えない斜面など何か所も通る。坂を少し下ったところに人など立っていたらアウトだ。速度30キロですら20キロメートルは滑るだろう。心しなければならない。
坂の上はなるべく徐行。駐車、停車はしないこと。そして駐車車両と人に注意。

仮にブレーキが利かなくなった時はサイドとエンブレを思い切り利かせて止まるしかないのだろうが、まだその状態には至ってない。がしかし、オイル漏れなどでステアリングやブレーキが利かなくなる事態は起こるかもしれない。
パワステオイルがうっかり抜けでもしたらハンドルは全く動かないから、ヒドイ事になるんだよね?・・・
ん?ブレーキがきく、って効く?利く??
もう少し車に慣れたら、エンジン周りをいじれるように色々教えて貰おう。


ブレーキとアクセルの踏み間違えだけはしないように、日々心がけなければ。
ブレーキ7、アクセル3。
ちなみに、帰ってきて駐車しようとしたら、タイヤのコース上に犬のうんこがあった。なんと!y


夕方歯医者に行って詰め物を入れ替え、調整して貰ってフィニッシュ。良かった。歯がまともだと健康が保てそうな気がする。今夜は餃子だ。明日から実家に戻るが大雨予報。涼しい代りに濡れそう。最悪レインジャケットを持っていこう。

土曜に迎えに来て貰う予定なので、車に実家ゆきの荷物を詰め込まなくては。洋服はトランク一杯とりあえずスタンバイした。友達はまだ具合わるいんだろーか。心配。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest