ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

高所順応とか

なんか、仕事探しと図書館について広大(壮大ではない)なストーリーを描いている日記(下書き)があったが2日経ったらつまらんものに思えてきたので下書きのままボツになった。つまり仕事は見つかっていないってだけなんだが。

このところ数日おきに石川直樹さんの(登山家・写真家)ブログをチェックしている。今ヒマラヤの世界第5位マカルーへのアタック最終段階に来ているところらしい。彼の文章は楽しい。至極真面目な顔で淡々と話している感じの文章だが、書いてある事は興味深い。山は世界第何位の高さかじゃなく、難易度やルート、アクセスの便不便、何かで変わるようだ。なぜエベレストに登った人が5番目の山に登るのだ?と思っていたがとんだ勘違いだった。
高所順応の話が今はメインだが、自分は果して富士山に登っても無酸素でいられるだろうか?富士山では酸素ボンベを必要とする人もいるって聞くから(高山病も十分起こりうる高度)自分がどうなのか知りたい。小さい時から海抜0メートルに住んでる人だったから心配だ。
ちなみに、最近の石川さんの話で面白いのはネットの話。多分普通の人には大分危険な岩登りをして高度数千メートルのそこだけ電波が届くスポットを探し当て毎日そこでメール送受信とブログ更新をしている自分に自問する部分がいい。
全然共感できないが(わからないそんな状況になったこともないし)自問するポイントが分かる気がして面白い。



今日は午後から荒れる予報通り風が強く吹き始め、雷や大雨、ヒョウなども東京から上では降ったらしい。ここは外海に近いせいか風が強いだけで何も起きない。去年も結構そうだった。

昨日母が遊びに来てくれた。1泊してくれた。1年も実の母親が娘の新居に来ない事を驚く人の方が多いが、私も母も色んな事にのんびりペースなのだ。不器用とも言える。遺伝だな。
高低差の激しさに眉根を顰めて警戒していた。慣れてもらって、そのうちこちらに越してきてもらいたい野望があるが、どうだろうか。他の事は出だしは上々だったのだけど。

ハヤテは今日強風のためか15分ほど歩いて、顔をしかめて私を見た。抱っこしてほしいらしいので抱き上げて残りの道のりを駅から家まで歩いて帰る。ハヤテ体力なくなったなぁ。老後のために毎日散歩を出来るだけ続けたい。
運転を毎日するのと、歩くのを苦にしなくなってきたのと、散歩などのせいで今年は絶対にいつもより黒くなるだろう。
でもそれすら、今はあまり気にならない。もう出来たシミなんてどうしようもないし、シミで人の価値が落ちる訳じゃない (デパートの化粧品売り場では落ちる気がする) 1年前の自分と今あったら別人だろうな。
今月中にとりあえずひとつ山に登りたい。あと、そのための資金源(仕事)を確保したい。
やっぱり今考えてる資格は辞めるかも。何か違う気がしてきた。優先順位とやりたい事をもっと視覚化しないと。
(指針がブレブレ)


ホノカアボーイを見たいと言ったら夫が借りてきてくれた。
2度目の観賞。やはり泣けた。なんで泣くのか自分でもわからないがこの映画は好きだ。
観た後何かが吹っ切れた気がした。これでより都会から遠のく気がする(笑)

ホノカアボーイ [DVD]ホノカアボーイ [DVD]
(2009/09/16)
岡田将生、倍賞千恵子 他

商品詳細を見る

ハワイのあの、密度の濃い空気は行かないとわからんもんだけど、それを感じられる映画だからかなぁ。ちなみにニュージーは濃くなかった。スッキリしていてカナダと似ていた。だのにハワイはなぜあんな濃い感じがするんだろ。
ハワイ島をゴローで歩いてみたい。キャンプして、ビーサンで海に入りたい(サメがいないとこがいい)。
またやりたいことが増えた。
今日は書きたい事をかけた気がする。スッキリした。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest