ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newzealand 南島 2014 1/7~15

Newzealand 南島 2014 1/7~15 はじめに 旅程及び参考資料・参考URL

最近とても更新が頻繁なこちらですが、大阪の旅もこちらも、色あせない内につぶさに記録しておこうと思います。
旅行記が完成するまでは頻繁に修正しますので後から見ると違う状態になっているかもしれないけどご容赦ください。

この記事はとりあえず概要です。
ほとんどのんびりしない、ほどほどアクティブな日程となっています。
それからNZに決めた理由などなどは下部にビッチリ書きますので興味ある方はどうぞ。
書かないと現実に戻れないそんな今日この頃。



・・・回った場所はこちら(経由地含む)・・・
【主に南島】

クライストチャーチ Christchurch(経由)
★クイーンズタウン Queenstown
★ルートバーントラック Routeburn Track

テ・アナウ湖 Lake Te Anau
★ミルフォードサウンド Milford Sound
クロムウェル Cromwell
オマラマ OMARAMA
トワイゼル Twizel
★グレンタナー空港 Glentanner Airport
★マウントクック国立公園 Mount Cook(Aoraki)national park
★テカポ湖 Lake Tekapo
★マウントジョン Mt.John

ジェラルディン Geraldine
クライストチャーチ Christchurch(経由)
★オークランド Auckland

★太字の場所が主に楽しんだエリア、他は経由地、或いは買い物などしかしていない場所。


・・・参考書・・・
参考もなにも。。ってラインナップですが。
るるぶは毎年更新されていない。地球はさすが毎年更新されている様子。2冊持っていった。
地球はさすが詳しい。るるぶはみたとおりビジュアル重視でとっつきやすい。実際のたびにるるぶは役立つかと言うと微妙・・かもしれない。


NZはあんまり人気無いのか本屋でもあまりガイド本を見かけない。

るるぶニュージーランド (るるぶ情報版海外)るるぶニュージーランド (るるぶ情報版海外)
(2012/09/24)
不明

商品詳細を見る

C10 地球の歩き方 ニュージーランド 2014~2015 (ガイドブック)C10 地球の歩き方 ニュージーランド 2014~2015 (ガイドブック)
(2013/10/05)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る



例えばこれ

ニュージーランド移住計画・初級編 (ソトコトBOOKS)ニュージーランド移住計画・初級編 (ソトコトBOOKS)
(2007/02)
不明

商品詳細を見る

有名だと思うが、NZは永住権を獲得するのがとても難しいそうだ。
条件が当てはまっても長い時間が掛る。

旅の中で永住権を持った日本人には数人しか出会えなかった。ワーキングホリデーで働いているという日本人も多い。


・・・参考URL・・・
永住権を持つ日本人やアウトドア好きの人がHPを開いておりそれを多く参考にさせて頂いた。

★日刊ニュージーランドライフ
トリビアサイト。
ニュージーの考え方、雰囲気などをつかむのにとても参考になった。管理人さんは南島で働く永住権取得の方。
今、2014年1月現在ご本人の環境が大きく変わろうとしている所で今後肩書きなどもお変わりになるようなので記載は避けるが、商業施設で働いていらっしゃった事もあり知識も深く文章も面白い。
時間が限られていなければぜひ購読をするとNZの事が凄く良くつかめると思う。
特に日本人から見たNZという視点で描かれている為、染みるように入ってくる文章。

★初心者のための登山とキャンプ入門 (ミルフォードトラック編)
前からコツコツ閲覧しているサイト。大容量なサイトの上情報も多岐に渡りとにかく頼もしい。
NZと言わず、アウトドア(クライミング、キャンプ)に興味がある人必須。道具の説明などもものすごーく詳しい。
ホントに登山辞書みたいなサイトで読む人の事をよく考えて作られている。

★足跡ノート 世界の旅行記録
今回行きたいルートを確実に回っていらっしゃったらしい方の旅行記録。
安く済ませたい場合こうすればいいのか、ととても参考になった。
丁度1年前2013年初頭の旅行のようだ。レートがとても安かった時代なのでうらやましい。

★Ultimate Hikes
ミルフォード、ルートバーントラックなどを扱う組織。
トレッキングルートに入山人数制限がある。
ルートに入りたい時は予約と料金の支払いが必要。
個人ウォークかガイド付きか選べる。泊まる山小屋もグレードが選べるらしい。

★ニュージーランド政府観光局

★ニュージーランド気象庁
南極に近いせいで前線が複数ぶつかる位置にあるため(前線が3つくっついて扇風機みたいに国の上を回っていた)
天気予報は全く当たらない(ほぼ全員のガイドさんがそう言った)。
それでも気象庁で事前に天気をチェックしていくと外れっぷりが分るし現実的な天気がチェックできる。
1か月ほど前からチェックしていると天気の移り変わりも大体予想が付くようになってくる。アウトドアがメインの場所なので悪天候時の代わりのプランは事前に用意しておくべきかも。

因みに今年の夏は冷夏で悪天候が多いらしい。
サンドフライも多く発生しているそうだ。
(サンドフライ?…こちらを見てね 日刊ニュージーランドライフを参考にさせて頂きました

★トリップアドバイザー
夫が参考にしていた。お店の情報など非常に詳しいらしい。NZに限らず使えるらしい。

その他
あんまり見てないけど、そこそこメジャーみたいだ。
★ニュージーランドの歩き方
★NZ大好き.com


・・・NZに決めた理由・・・
さて。

話がそれたが、ニュージランド。
決めた理由は【歩きたかったから】しかもこの時期に。
急きょ1月中には行かなくてはならなくなり、慌てて場所を探した。
この時期ヨーロッパや北欧に行くのは何か無謀すぎる気もし、見つけた南半球のNZ。

アウトドアメインの国と言う事でここにしようと2人で意見一致。
猛獣などが居ないので気軽にハイキング出来そう、っていうメリットもあった。


初心者の私が居るため玄人向けのトレッキングは避け、英語駄目な2人なのでパックにしたのだった。
もし英語も喋れて脚もこなれていたらミルフォードトラックとルートバーントラックどちらかを踏破したかも。


・・・NZの特徴・・・
クマなどの猛獣はおらず、毒蛇も毒蜘蛛も居ない(らしい)。
気温は場所によるが、本州~北海道 程度と言われている。

実際はクイーンズタウンでダウンを着こんでも寒く凍えそうだった。
ただ今年は冷夏なので、いつもは20度も超えるらしいから、北海道よりやや涼しい所位だろうか。
町の人たちは皆違う服装なので誰も参考にできない。タンクトップもいればダウンジャケットの人もいる、みたいな感じなのだ。

ちなみに雨が降っても傘をさす人は少ないし売ってるのも余り見かけない。ずっと降り続いている事は少なく、気候がすぐ変わるのでみな持ち歩かないのだそうだ。


生鮮食品と果物は非常に美味しい。
イギリスの流れをくむためラムチョップとかフィッシュアンドチップスとかが普通にある。ファストフードも健在。日本食レストランもかなりある。
確か、豚肉が少なく、チキンは日本より高価なんだそうだ。かといってラムが安い訳でもない。
シカ肉を食べたがとても美味しかった。シカ肉はご馳走なんだそうだ。
味付けはクリーミーだったり蜂蜜を掛けて甘くしたりと色々混ざっちゃった系の味付けが多い。肉やパスタの味付けに関しては正直謎が多かったが、スープなどは美味しかったし、デザートも申し分なかった。


水は上述の通り軟水(正確には日本よりほんのすこーし硬水寄りらしいが日本の水と全く大差ない)で水道水はメチャ美味しく、トレッキングルートを流れている川の水はすべからく飲める(らしい)。実際行ったルートでは試してみたけど何とも美味しい水だった。川に顔を突っ込みたいところだ。水道水は日本の基準値よりフッ素が多めとの事。フッ素はあまり体にいいものではないので其処はやや引っ掛かる個所。

車は半数以上日本車で、左通行。
飲酒運転OK、普通の道路でも皆100キロは出す。勿論アップダウンや急カーブはある。
信号はほとんど見かけない代わりにラウンドアバウトという交差点で管理されている。横断歩道も信号は無く、渡りたいときは歩道の前に立っていれば車は止まる仕組みになってるが、たまに止まらないので気をつけましょうと言われた)
三菱、トヨタ、マツダ車だらけだった。
とにかくマツダフィーバーだった。スバルのインプレッサも何台か見かけた。逆に日産、ホンダはあまり無かった。
トレーラー付き、それからキャンピングカーも多かった。レンタカーを借りてポイントをめぐる人も多いらしい。
川の畔等に留めているのをよく見かけた。



デメリットが一つ。
物価は非常に高い(苦笑)加工食品は輸入に頼っているためだとか。
欲しかったニット製品も高すぎ手が出なかった。
ガイドさんも仰っていたが、服飾に関しては安くて素晴らしいものが手に入るのは日本だ、と言いきっておられた。


食品はオーストラリア産のものもとても多い。
空港で水を飼おうとしたら5ドルとか6ドルとかした。今NZ1$=93円程。
日本と同様かそれ以上と思った方がいい。観光地エリアは特に高い。


・・・次いきたいかも・・・
【南島】
上から

ゴールデン・ベイ
アベル・タスマン国立公園
ネルソン
フランツ・ジョセフ氷河
マウント・アスパイアリング国立公園
ラムズデン
スチュワート島


特にネルソンとスチュワート島、氷河は是非。

【北島】
90マイルビーチ
ティリティリマタンギ島
ロトルア
トンガリロ国立公園


一つくらいしか選べないなら、スチュワート島。

ちなみに今回行った場所ベスト1は、マウントクック。
次はルートバーンでありました。


ここまで読んでくださってありがとう。
とりあえず、一枚写真を。
マウントクック国立公園をを流れるタスマン川とプカキ湖です。
heri2.jpg
関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。