ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/24~11/29 大阪・神戸・三重 ハヤテの里帰り
11/27後半 神戸 異人館めぐり


六甲山の後、異人館めぐりをしたのだった。


話はそれるが、
神戸に居る間に明石焼きを2度食べたけど本当に美味しかった。神戸は街中も綺麗で山が迫っていて面白い地形。
住みたい、と思える街だった。
街の大きさも程よい。散策したい!と思ういい街。坂が急なのも親近感がわいた。



LOVE明石焼き
IMG_5512edit.jpg
そして元祖たこめし!
IMG_5518edit.jpg
ほんとうにほんとうにウマい!!!
IMG_5519edit.jpg

ついでに、神戸北の坂ホテルの写真。
IMG_5521edit.jpg

▲の明るい看板の所がホテル。右側はホテルからも行けるカフェというか、レストラン。木がメインの作りでおしゃれ。イタメシ?残念ながら泊まった水曜日は定休日だったため使えず。犬連れでもOKだそうです。カウンターもあった気がする。

IMG_5506edit.jpg
部屋の中。前述したように狭いのだが、きちんと整えられていた。レトロシック。
フロントにも人が常駐していて、PCが使える。プリンターも併設されている。


下はバスローブ。犬のマークがついてる。同じマークがタオルやバスタオルにも付いていて、購入する事もできる^^
何枚かお土産に買ってみたけど、やっぱり可愛い~♡
IMG_5505edit.jpg

横向きにしそこねた・・
チェックイン時頂いたおもちゃやスキンケア用品、トイレシーツ。
トイレシーツは言えば追加で頂ける。デオシートじゃないけどありがたい。
IMG_5507edit.jpg
館内はリードがあれば犬を歩かせてもいいみたい。歩かせている人を見かけた。

部屋備え付けの可愛いカップ。
勿論給湯設備もある。
IMG_5508edit.jpg

朝ごはんのサービスも美味しかった。自家製パンとジュース、珈琲。沢山の量じゃないけど旅で疲れた体にとてもいい。
写真が無くて良さをアピール出来ないけれど、パンがとても美味しかった!


ホテルから数十メートル先の辻にこんなお地蔵さまが。
常に火が絶やされず、大切にされている事がよくわかる。
IMG_5509edit.jpg

いつも何本かろうそくが立っている。
私も立てたかったが、ライターを持っていなかったので断念した。
IMG_5510edit.jpg

不思議な店w
IMG_5544edit.jpg

他にも色んな個性的なお店が軒を連ねている。
ちょっと違う?かもしれないけど、吉祥寺のような感じ、どんな路地にも素敵な店が隠れている坂の町、神戸。
IMG_5549edit.jpg

いつか入ってみたいな。
IMG_5545edit.jpg





さて。
六甲山を降りたあと異人館めぐりをしたのだった。

異人館’sと言えばいいのか、異人館って幾つもあるのね・・
一つだと思っていた私は大変驚いたのだった。

入場券には何種類かある。パックになったものがお勧めらしい。
何館もある異人館のうち、幾つ入れるかで値段が変わってくる。入る館は購入した後自由に決めて良く、入館ごとにその館で切符を切られていく仕組み。

英国館、うろこの館、などをチョイス。

英国館。
IMG_5598edit.jpg

素敵バー。
夜はホントにバーになる事を後にテレビで知ったのだが、このボトルの数たるや・・
作る方はこれらすべてのお酒の色々を吟味したうえで混ぜ合わせ客に出す、と言う事なのでしょうが、恐るべし。
IMG_5600edit.jpg

コルクが敷き詰めてある謎の浴槽。イギリス人ワイン好きのアピール?
IMG_5601edit.jpg

こんな食生活をしていたらしい。
IMG_5603edit.jpg

アフタヌーンティー。
これは何となくそうかな、と思う感じではあった。
IMG_5607edit.jpg

犬は抱っこ出来れば入館OKなのだ。
IMG_5609edit.jpg


そーして、メインのシャーロックホームズエリア。

IMG_5611edit.jpg

左 ワトスン
右 ホームズ

笑いをこらえるのに必死な蝋人形。
壁に弾丸で打ち抜いた跡なんかも忠実に作ってあって面白い。
IMG_5619edit.jpg

有名人のサインなんかも。
IMG_5618edit.jpg

IMG_5614edit.jpg

IMG_5616edit.jpg

IMG_5613edit.jpg


写真載せ過ぎ?
すんません・・


説明するのが面倒になるほどの写真量。
これはその後のニュージーの旅でも続きますので、皆様どうぞお赦しをば。


この後、適当に回ってしまったうえ、資料を紛失してしまったので定かじゃないが、うろこの家と他に2つほど回ったと思われる。どの家もクリスマスシーズンだったからか謎のサンタドールを窓にがっつりくっつけていて情緒も何も・・てな感じでありました。
異国と何かをはき違えている感じ?(笑)

IMG_5631edit.jpg

英国館、フランス館の目抜き通りはこんな風情

IMG_5632edit.jpg

小さい赤いおじさんがそこかしこに
どうとらえたらいいのやら・・

IMG_5640edit.jpg

メインのうろこの館。カフェが併設されている。正面がカフェで右手にうろこの館。
なぞのイノシシ。

IMG_5641edit.jpg

こう捉えれば素敵な館なのだが・・・

IMG_5643edit.jpg

わかんない!わかんないよ!このセンス!!!ていうか左上の富士山!?ショックすぎる。。

IMG_5654edit.jpg

中はとっても素敵なのでした。
中には赤い小さなおじさん群はいない。

IMG_5657edit.jpg

結婚式場を探すときこういう類の館を回ったなぁ~と思いながらの観賞。

IMG_5656edit.jpg

赤いおじさんたちに文句を言いつつ、面白いひと時を過ごしましたとさ。


つづく
関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。