ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと少し

何となくバタバタした気持ちのまま年が明けてしまいました。
美味しくない(淹れ方失敗)珈琲を飲みながらの更新です。

ことしはー・・そうですね。
さしあたって数日後9日程ニュージーランドへ行ってきます。


ホントはストイックに5日間ぶっ続けで小屋に泊まりながらブヨに襲われながら朝から晩までトレッキングしまくるツアーとか、国際免許取ってドライブで横断するとか、色々無謀な事は考えたんですが日程的に下準備が難しく無難に毎日コツコツハイキングするパッケージになりました。

今回の旅で自分がどれだけ根性無しかより分るかと思うので、それに応じて向上していきたいと思います。
出来ればこれを契機に帰国後自然の多い場所へ臆せず行ける度胸を身につけたく。
そして帰国後また行きたくなるであろうNZに次回こそハイパーなトレッキングが出来る体力とパッケージじゃない旅行を組める能力を身につけていきたい。

そんなわけで10年前位から漠然といつも身の内にあった願望をかなえていきたいと思います。努力は必要ですが。


NZ、山と湖と道路と丘と氷河位しか無いらしいんですが其処が好いという意見の一致を見た夫婦です。
どうも、おしゃれヨーロッパ旅とか南国でのんびり日向ぼっことか、何かしっくり来ず…
オーロラも見たいがただ突っ立って待ってるっていうのは性に合わない(私が)。
とにかく歩きたい、土の上を、丘とか山とか自然の中を、みたいな所からここに決まりました。
NZハイキングのパンフを発見してから決まるまでは早かったです。
旅行会社のパンフレットに自分の気持ちを形にして作って貰ったようで何とも言えない嬉しい気持ちになりました。
つまり私たち夫婦の気持ちが具現化された瞬間だったわけです。それがたまたまNZだったと。

このような気持ちの一致具合を見ると『ああ、ここが価値観の一致を示す場所なんだな』とか思います。私は自分で上手に表現できるほどこの結婚を理解してる訳じゃないのかもしれない。最終的には感覚的に決めた気もします。
(結果それが正しかったのですが)
共鳴や共感する力はやや足りない!?と思う事があるものの、感覚的に鋭い夫さんは直観力に己のパワーをコントロールできる冷静さと分析能力を共存させているうらやましいタイプ。未だにとっ散らかって収集のつかない感覚の持ち主の私との間には大きなレベルの差が・・何これ。訓練の差?経験値の量?


昼間、夫の実家に行き、お姉さんに外国での生活の話をあれこれ聞かせて貰った時に『私は人一番自己理解も言語表現能力もついでに行動力も低い人間だな』と思ったのですが今もまたそう思ったので、確実にそうなのでしょう。
どうも色々考えだすと本質からズレ出す事が多く、ならば思うより直感的に動くべきなのか。
自分で何も決められなくなってしまったのはいつからだったのか。反省すべき人生であります。




さてさて。

【記録】

★ニュージーはこんな感じ(南島)
Check out "Road Trip in New-Zealand" on Vimeo
http://vimeo.com/64127593


宮沢賢治を読んでこの方見たかったサザンクロスも天の川も見られるのが嬉しい。

★星空はこんな感じ
Check out "The Art of Night" on Vimeo
http://vimeo.com/72533613

すいません、自己満足動画。でも星空の方は凄いので、暇ならぜひ見て下さい。
Mark Geeさんという世界的にも有名なカメラマンの作品だそうで。
メガスターの大平さんによると、オーストラリアはメガスター並みの空なんだそうで。
NZはそれ以上だそうです。世界は広い。
南極に南米とアフリカ大陸のはんぶん、オーストラリア、ニュージー以外はほぼ北半球ですから南半球って中々に貴重な感じがします。

そんな意味でも楽しみな旅行となりそうです。ワクワクしてきた。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。