ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふみきり

家のほうで、踏切に倒れた老人を助ける代わりに自分が亡くなってしまった女性のニュースを見た。


なんともやりきれない。
数年前、都内で踏切の近くの交番を守っていた巡査さんが同じような事故にあい亡くなられた時も何ともやりきれない気持ちになったんだけど、
その人は自分が正しいと思うことをやっただけで、何も悪くないし、むしろとても凄いことなんだけど、残された家族の人の気持ちを思うと悲しくなる。
もちろん、老人を助けなければ老人が亡くなっていたわけだから、やっぱりそれでもとても悲しむ家族は居て、その時間その場所で誰かが死ななくちゃいけないって決まりが最初っからあったみたいで辛い。


踏切の近くに住んでいる人が、踏切をなくしてぜひ高架に、っていう気持ちがよくわかる気がした。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。