ぼんやりさんとダックスの暮らしの手帖

Mダックス・ハヤテとの毎日や山登り

3ヶ月

引っ越してきてもうすぐ3ヶ月。
暑すぎる夏は少しずつ終わりに近づいてる感じ。
朝日も傾いてきたし、光の強さも暴力的じゃなくなってきたような。
頑張って布団を干そうという気持ちになれる午前中の日差しです。今日は夕方まで大きな用事がないのでたまった家事や洗濯などをしようと思っているところ。

昨日は水曜だったので久しぶりに映画を観に横浜まで。
何かと、実家と比べて不便だなと思っちゃう今日この頃、いかに贅沢だったかわかってよいけど。
(とはいえ、家の目の前からdoor to door?バス一本で横浜まで行けちゃうんですけど)

しゃれおつ感漂う横浜。
何か東京と違うんだよね。作られているというか、ごみごみした雰囲気もあまりない不思議な町。


映画館が夫さんのお仕事場の隣だったことに気がつき、帰りに一緒におすしを食べて帰りました。

激ウマ。
ミル貝と白魚が恐ろしく美味しかった。ミル貝なんて目の前で捌いてくれました。
ひぃぃぃ。
築地のおすし屋さんより安いから、そこはうまく作ってあったけど味はとっても素敵。
ダイヤモンド街にあります。白木のカウンターのお店ですが、テーブルも2席あります。
あがりの味があまくてエグミがなく、ちゃんと入ったお茶だったのでホクホクしながら2杯頂きました。お酒も美味しかったなぁ。夫さんがとても好きなお店だそうです。お店の雰囲気も凄く良くて、レトロな昭和風情もまたいい味醸し出してます。板前さんが個性をそっと布巾でくるんだような上から目線な言い方をすれば【弁えた】空気を放っていて、素敵だなぁと思いました。ミル貝を出してくれたときじっと凝視する私に小さな声で『生きてますよ』とニッコリ。気のせいかと思っていたけど、貝がかすかに伸び縮みしていたのだった。

厨房は大将と若い板前さんという組み合わせでしたが、若い板前さんはかっこよかった上男前で、大将は銀髪で味のある感じで、ついついあまちゃんを思い出してしまいました。
こうして少しずつお店を開拓していきたいな。

横浜はひとつの町で完結するタイプの買い物が好きなので、私には向いているといえますが。
niko andも覗き、うろうろしました。WIRED CAFEとコラボされたカフェが併設されていて凄く凄く入りたかったー。今度、ハヤテが落ち着いたらまたチャレンジしよう。

※ そんなハヤテは大騒ぎしてひどい有様でございました。
数時間ほえっぱなしだった様子。写真はウンコシッコをしてしっぽで小屋外へ飛ばしていたのでそのままお風呂場へ直行した時の図。ご不満げ。鼻の力でうんしょっとお風呂場を開けてぶうぶう言っておりました。
…とほほ…(涙)
ご近所様に申し訳ない。夜の外出は控えなければ。
めげずにがんばろう。

それにしても、3ヶ月たってやっと横浜でまともなお食事が出来ました。
それもハヤテが気になって仕方なかったけれど、これも試練なのでしょう。
道のりは遠いですが、一歩ずつだなぁ。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest